mv

2014年6月17日 3:46 AM

サポーターよ あわてるな

巷はサッカーのワールドカップで大騒ぎ。どのテレビ局もザックジャパンがど
こまで勝ち進めるか喧々ガクガクの予想談義でした。
多くは日本代表チームの決勝トーナメント進出は既定の事実であるかのような
論調。数人の選手は優勝を口に出し、解説者も騒ぎに水をかけまいとするよう
に代表チームを褒めまくっていました。
わたしの知る限り予選突破は無理と断じたのはの釜本邦茂氏のみでした。
そして日曜日のコートジボアール戦。ご承知の通り2対1で日本は敗れました。
決勝トーナメント出場はほぼ絶望。釜本氏に軍配はあがりそうです。
わたしは生まれてから1度もサッカーをやったことはないが、騒ぎにつられて
試合を見ました。
「そんな甘いもんじゃねえよ。あわてなさんな」
と試合後サッカー愛好者にいいたくなりました。
技術のことはよくわからないけど、代表チームは徹底した攻撃サッカーをやる
はずでした。だが、本田の先制ゴール以後は押されっぱなし。ボール支配率は
43%と下回り、シュート数に至ってはわずか7。相手の20に比べてあまり
にも散発でした。先制したばかりに守りに入ったと選手のだれかがいってい
ましたが、見物人としては正直、意気地ない戦いぶりにがっかりです。
なによりも彼我の身体能力の差を感じさせられました。ジャンプ力、走力、衝
突時の破壊力、球を奪い合う粘着力、ともにアフリカ人には敵わんと脱帽させ
られたのです。とくに途中出場のドログバときたら、動く銅像さながらの巨漢
で、1メートル以内には近づきたくない迫力の持主でした。あんなのが出てく
るのだから、東洋人はとても対抗できないと思わせたのです。
FIFAのランキングは日本46位、コートジボワール23位。この差は身体能力
の差かなあと思われたのです。
しかし、日本選手も半分はヨーロッパで活躍しています。本田も香川も長友も
岡崎もヨーロッパのプロとして遜色なく働いているのです。かれらは身体能力
差を他の面で埋めています。つまりザックジャパンの敗戦はすべて身体能力の差に
帰することができないはずです。
コートジボワールという国はかつてフランスの植民地でした。独立してわずか50
年。政情不安の国だそうです。
でも国が新しくてもサッカーとの縁は古く長いはずです。フランスにはJ.ジダン
という名選手がいました。ジダンはアルジェリア移民2世だそうです。フランス
国籍があったからフランス代表として世界に名をとどろかせました。
コートジボワールも新しい国だが、サッカーとの関係は長く深かったのではない
でしょうか。野球と違ってサッカーは、失礼ながらほとんど金のかからぬスポーツ
です。植民地だったアフリカの少年たちが熱中するのに最適のスポーツではない
でしょうか。
コートジボワールの試合を見てわたしが身体能力の差だと思ったのは、実はサッ
カーの国民にとっての意味合いであり、歴史であり、愛好の度合いであり、サッ
カー文化の浸透度の差だったのかもしれません。
独立してわずか50年とわたしたちは思うけど、わが国のJリーグのが発足してから
まだ20年にしかならないのです。サッカー文化の厚みが違います。FIFAラン
ク23位、46位の差は当然でしょう。釜本邦茂氏はそのあたりまで読んで日本の
敗北を予想したのではないでしょうか。
今年は読売巨人軍の発足から80年です。ようやく日本はアメリカに次ぐ野球大国
になりました。日本人の大リーガーは多いし、日本のプロ野球で活躍する元大リー
ガーも珍しくありません。
昭和24年、3Aのサンフランシスコシールズが戦後初来日しました。わたしが高
一の年です。シールズは全日本、全セ、全パなどを相手に7戦し,7戦全勝で帰国し
ました。
川上哲治、大下弘、藤村冨美男、青田昇、千葉茂らわたしたちの憧れの英雄たちが
子供扱いされるのをわたしたちは見物し、アメリカは強いなあ、日本はアカンなあ
と実感したものです。シールズは大リーグ球団ではなく、3Aの球団でした。それ
でも日米の差は大人と子供の差だったのです。
あれから65年。前述の通り日本は野球大国になりました。だが、今日にいたるまで
日本のプロ野球はどれだけ大リーガーにバカにされてきたことか。
「日本の野球?アハハD級だよ」
「地球の裏側で野球のようなことをやってるぜ」
「J.ディマジオが東京巨人軍に入ったらホームラン100本はいくさ」
日本の野球はこれだけ舐められてやっと今日の状態になったのです。サッカー愛好者
のみなさん、あわてたらいけません。ドログバみたいな人間離れした選手がJリーグ
に出現するするのを我慢して我慢して待とうではありませんか。
いまのサポーターの若者がわたしくらいのジイサンになるまでに夢はきっと叶えられると思うの
ですよ。そんな長い年月を待ちきれないって?あんた、人生なんてあっという間だよ。

ジイサンが云うのだから間違いない。