出合茶屋
06273901 書名 出合茶屋
出版社 講談社
出版日 2003/12
版型 文庫
ページ数 321p
ISBN 978-4062739016
  Amazonで購入する

内容紹介

貸本屋・町之介 色事と商売に励む! 爛熟した町人文化が花開いた、文政年間(1818~30)の大坂。元武士の町之介は貸本屋稼業に精を出す傍ら、豪商の後家・綾乃、旦那替えを頼まれた妾奉 公のお菊、公家に仕える京娘・佐知ら女たちとの逢瀬を重ねてゆく。活気あふれる浪速を舞台に、男女の愛と性の営みを大胆に描く、好評『後家長屋』続編。

コメント

前シリーズのつづきなので楽しんで書けた。登場する女たちは北新地の酒場のホステスたちを勝手にモデルにさせてもらった。