mv

2012年11月13日 6:16 AM

田中真紀子に一理あり

田中真紀子文科相がまた騒動を引き起こしました。大学の認可基準が甘すぎて大学の数が多すぎる。学生の学力低下をきたしているという理由で札幌、秋田、岡崎に来春開講予定の3大学の認可を取り消したのです。。
文科省や審査委員会はすでにOKを出し、新大学関係者や地元地元自治体はすでに開校準備に入っていました。突然の不認可宣言は各方面の人々を困惑、憤激させました。手続きに何の不備もなく、審査基準をクリアしていた大学に独断で不認可を宣するなど田中大臣のやり方は支離滅裂。猛烈な非難を浴びて撤回したのですが、野田総理の任命責任があらためて問われます。
でも前回の小泉内閣外相時代のハチャメチャぶりとは違って今回の騒動には田中大臣に一理ありとわたしは思います。たしかに日本には大学の数が多すぎます。学力低下の結果、一部には中学生並みの教課をやっている大学があるそうです。ゆとり教育と並んで大学の大衆化が若者の幼児化に大きく影響しているのです。分数計算を教える大学と習う学生なんて想像するだに忌まわしい。こんな連中が無責任に子供をつくって殺したり、確固とした理由もなく人に斬りつけたりするのではないだろうか。
いま日本には778校の大学があるらしい。内訳は国立大86、公立大95
、私立大597校。この20年のうちに大学数は50%も増え、私立大は4割が定員割れしています。少子高齢化の時代、田中大臣がいうとおり明らかに変な現象です。メディアも田中大臣の錯乱ぶりを叩くだけでなく、背後の事情に一言言及すべきでしょう。これだけ大学の数が増えたのは、文部官僚や定年後の大学教授の天下り先確保のせいかと勘ぐりたくなります。
昭和22年、アメリカ軍の占領下で学制改革が実施されました。アメリカから教育使節団が来日し、アメリカ同様6334制に改めさせたのです。
昭和21年にわたしは2倍以上の入試をへて旧制大館中学に入学しました。
。だが、翌年から全入制の新制中学が発足し、入試は廃止されました。23年には新制高校が発足、旧制大館中学は新制大館鳳鳴高に昇格したのです。わたしたちは大舘鳳鳴高併設中学の3年生という妙な立場になりました。新制中学とは別立てだったので、高2になるまで下級生というものがなかったのです。
だが、もっとも大きく変わったのは大学の増加と旧制高校の廃止です。それまで大学は7つの帝大と約30の私大があるだけでした。旧制高校は大学に進む者のための教育機関で、一高から八高までのナンバースクールのほか弘前、新潟、山形、松本、松山、山口、福岡、佐賀など主要都市のネームスクール、および成蹊,成城、甲南など私立と合わせて全国で49校がありました。
アメリカ教育使節団は大学教育の民主化の名のもとに、それら旧制高校を大学に昇格させたり、新制大学の教養課程に吸収したりました。すすんで協力したのは東大総長の南原繁でした。
「旧制高時代自分は遊んでばかりいた」
と彼は旧制高校つぶしに奔走したのです。
南原繁は吉田茂首相に「曲学阿世の徒」と罵倒された人物です。学問をねじ曲げて世の中の権力者におもねったという意味です。
そのうち当時の事情を調べて「さらば旧制高校」を書くつもりでいます。
旧制高校はわたしたちの憧れでした。白線帽に黒マント、高下駄がなんともカッコ良かった。旧制高では法律や経済のような実学よりも文学や哲学、歴史、理系では天文学などに力をいれていたようです。
友人の兄の旧制弘前高校生、一時休学して高校教師をしていた旧制一高生にわたしは高校時代、大きな影響をうけました。文学書を読み、クラシック音楽に目覚めたものです。人生の方向を決めるにあたって旧制高校文化はなによりの指針でした。
その旧制高校がなくなったのです。軒並み大学に吸収されたり昇格したりして大学の数だけは一気に増えました。それら伝統のない新制大学は駅弁大学と呼ばれていました。駅弁のある街にはかならず大学があるという意味です。大学の安売りとしかわたしには思えませんでした。
それでも大学進学率は昭和30年で男女平均10%程度。けっこう狭き門でした。それが現在では約50%です。大学全入の時代も近いのでしょう。
いまはアメフトのシーズンです。うちの近くの万博記念グラウンドでは関西の55大学が三部に分かれてリーグ戦をやっています。三部には名前をきいたことがない大学がいくつかありました。定員割れ大学なのでしょう。伝統ある大学が華やかなチアガールの応援のもとで試合するのに、これら無名大は応援もなくわびしい試合ぶりです。可哀想になります。
大学をこれ以上増やしてどうするのかとしみじみ思います。学力のないホワイトカラーのみが増えて、工場労働者や職人がいなくなったら国は衰退するばかりでしょう。中卒者はかえって早く出世するかもしれません。
この点わたしは田中真紀子大臣に共感するのです。大卒者が高卒、中卒者よりはるかに多数なんて国が発展するわけがない。中国の現状を見ればよくわかります。大卒で職のない若者が鬱憤晴らしに反日デモをやっているのです。可哀想な連中ではありませんか。