mv

2012年7月24日 2:24 AM

男と女の北新地

土曜日の夜、所用で道頓堀通りを歩きました。人が多いのにびっくり。芋を洗うとはこのことなのか、他人の腕と触れ合わずには歩けないほどの混雑です。
若い男女が圧倒的に多数でした。その熱気にあおられてたじたじとなりながら、わたしはスカート姿の若い女性がほとんど皆無なのに気づいたのです。ミニの子もいるにはいましたが、例外なくガールズバーの客引きだったようです。
若い子はショートパンツまたは黒のタイツ姿が圧倒的に多数でした。脚線美を誇る女性が増えたのです。
ミニスカートでも物足りない、自信ある脚線をくまなく見せたいという欲求があらわな娘ばかりです。なんとまあ時代は変わったとわたしは驚嘆するばかりでした。
われわれの若いころには、顔は可愛いがO脚だという女の子がしばしばいました。太かったり、脚線が貧弱だったりの女の子も珍しくありませんでした。「スカートなんかやめてモンペにしなさい」とお節介したくなったものです。
そのうちミニの時代がきました。洋風の生活が定着したせいですが、日本が経済大国になった証拠でもありました。男たちにとって眼福の時代でした。ミニの内部から白いものがちらついてギクリとしたり、電車のなかで目のやり場に困ることも多かったけど、苦情をいう者はいなかったのです。
そしていまの時代、女の子たちはミニでも物足りなくなったようです。週刊誌のグラビアで半ケツ女性の特集をやったりしています。われら老人も家にこもってばかりいないで、街へ出て大いにホルモンの活性化をはかるべきでしょう。

道頓堀を歩いていてわたしはもう一度おどろきました。耳に入る人々の会話。ヒャアヒャアだのヒュルヒュルだの聴き慣れない異国の言葉が多いのです。それらに混じって
「また負けたんかタイガース」
「たこ梅は安うて美味いで」
などと大阪弁がきこえるといった具合。
中国、韓国の観光客が多いのです。韓国人のツアーはすぐにわかる、一行のなかに赤シャツの男がかならずいると京都のタクシー運転手がいっていましたが、そういえば歩行者のなかに赤色がちらついていました。
そうか、ミナミは中国人と韓国人に乗っ取られつつあるのか。わたしは複雑な気分でした。バブルのころパリでは日本女性ががエルメスだのルイ、ヴィトンだのの店に押し寄せて競って買い物をしていました。その光景を思い出したのです。 当時の日本女性はO脚が多かった。少なくとも短脚でした。パリの高級服店の製品なんか似合うわけがないのに、無自覚に買い物をしていました。高級ブティックの多いサントノーレ通りでは日本女性は浮いた存在だったのです。
しかし道頓堀の中国、韓国人たちはしっくりと街の光景に溶けこんでいます。髪の色も肌の色も日本人と同じ。体型は向こうのほうがむしろ整っています。というより、日本人は畳生活のせいで体型の点では中、韓国よりも劣っていて、最近やっと向こうに追いついたわけなのでしょう。
道頓堀のあとわたしは北新地へ向かいました。ミナミとは対照的に静まり返っていました。土曜の夜は社用で飲むサラリーマンがいません。 酒場はほとんどが休みです。酒場街が夜のビル街に変わった感じで、不景気が身にしみました。
ある音楽バーで不景気にふさわしい話をききました。その店に出演していたK子というソプラノ歌手が常連客である一人の紳士に借金を申しこんだのです。大学のオペラに出演がきまったが、いろいろ金がかかる。50万円貸してくれというわけです。
紳士はかねてK子に想いを寄せ、同伴出勤につきあったりしていました。借金を申し込むくらいだから、おれに気があるのだと判断して50万融資したのです。むろん借用書なしです。
ところがK子は店をやめてしまいました。紳士が連絡しても携帯につながりません。大学オペラにも出演していないのです。
紳士はやっと住居をつきとめてデートを申しこんだが、K子は応じません。紳士は怒って
「それなら金を返せ」
と迫りました。するとK子は答えました。
「わたし、お店から給料もらってないんです。お店から集金してください」
不景気で音楽バーは給料を遅配していたのです。K子は紳士の好き心につけこんで50万せしめたわけです。紳士は店から50万取り立てたけど,以後その店には行かなくなったようです。。
なんとも索漠とする話です。悪いのはもちろんその店。紳士は(性懲りもない男心)と笑い話になるだけですが、K子の心情を思うと、それでは済まされない気がします。
K子のメンタリティはむしろ中国や韓国女性のそれでしょう。われらの大和なでしこもその外観と同様、中韓女性と見分け難くなってきたようです。K子は数年前にはあり得なかったほど、したたかになってきたらしい。悪くはないけど、なんだか気落ちする話です。男がだらしなくなったぶん、女がしっかりしてきたのですかね。ミナミの繁栄と対照的なキタの不振。だんだんミナミはキタを侵食するのではないでしょうか。