神の国に殉ず – 小説 東条英機と米内光政 (上巻)
神の国に殉ず-小説東条英機と米内光政 書名 神の国に殉ず – 小説 東条英機と米内光政 (上巻)
出版社 祥伝社
出版日 2010年10月30日
版型 単行本
ページ数 459pp
ISBN 978-4396633486
  Amazonで購入する

内容紹介

彼らは誰のために戦ったのか―不世出の二人の軍人の生涯をとおして描く日本と日本国民の本質。

コメント

日本の国が明治以来戦争によって一介の島国から世界の一等国にのしあがった過程を書きたかった。そのためには東條英機首相の生涯をたどるのが一番の早道だと考えた。日本の精神的地中が皇国史観だったことも合わせて書いたつもりである。