mv

2013年7月30日 2:56 AM

覚悟は良いか、日本人

月曜日の夕刻、犬をつれて日課の散歩に出ました。すこし雨が降ったらしく道路は湿っていました。家を出てまもなく空は異様に暗くなり、どんよりと暑く、夕立のきそうな雰囲気になったのです。
傘はなし。濡れても平気だけど、中国地方、北陸地方の豪雨の模様をテレビで見せられたあとです。大阪にもゲリラ豪雨がくるのではないか。稲妻、落雷に襲われるのではないか。そんな気がして早めに散歩を切りあげて帰宅しました。
ちょうど妻が電話で長話をしているところでした。相手は高校の同級生。夫に先立たれて一人暮らしの女性です。その友達に「送り付け詐欺」の電話があったというので、詳しく話をきいていたのです。
「なんやねん、その送り付け詐欺というのは」
電話が終わってからわたしは訊きました。
「変な会社からとつぜん電話がかかってきたんやて。ご注文のサプリメントができたのでお送りします。代金引き換えでお受け取りくださいって」
狙われた女性は当然、そんな注文はしていない、と答えます。すると相手は、
「おばあちゃん、わすれたんですか。もう解約はできませんよ。注文生産なんやから」
と失礼きわまる言いぐさだったようです。
「冗談やないわよ。私はボケてないからね。そんな注文してません」
「シラ切っても通りませんよ。たしかに注文してます。電話の録音があるのやから」
「面白いわ。聞かせて頂戴」
「おい、あくまでシラを切るんか。裁判にもちこむぞ」
「裁判したら困るのはあんたやないの。いい加減にせんと警察へいうよ」
それで電話は切れたそうです。
妻の同級生は健闘したわけです。脅されて怖くなったり、面倒になってつい受け入れたりして被害はふくらんでゆくのです。
オレオレ詐欺や振り込め詐欺が下火になったと思ったら、今度は送り付け詐欺なのです。
高齢者は狙われています。長生きをしてはいかん。医療費が莫大になるだけだと、社会全体からいわれているような気になります。
でも、こんなのはまだ可愛いほうで、最近は架空の投資話をもちがけて計25億円を巻き上げたグループが逮捕されました。これなどは最初にセールスの手紙を送り、数日後、詐欺グループの一員が投資相手の会社の社員を装って「ご説明」に伺うのだそうです。一人暮らしのおばあちゃんなんか一たまりもないでしょう。
あやしげな投資話、金融商品、交通事故の示談金詐欺、さらに老人相手の結婚詐欺など高齢者には無数の落し穴が用意されています。とくに老人の孤独につけこんだ結婚詐欺などは罪が深い。なかには何千万円という大金を騙し取られた例もあります。こんな簡単な手口に引っかかるような人間が、なんでこんな大金をもっていたのかとおどろくことがしばしばあります。おれは騙される気遣いがない。第一そんな金はもっていないぞと、わたしのような貧乏人はひそかに胸を張るのです。
といっても、じっさいは結構騙されているのかもしれません。早い話、つい去年までは
「日本の国家破産は近い」「国の借金900兆円突破、国民1人当たり710万円」などというのがメディァの論調でした。わたしのような経済音痴は80%はそれを信用して、消費税の引き上げはやむを得ないと納得していたのです。
ところがアベノミクスの成功でそんな話はケシ飛んでしまいました。国債残高のことなどほとんどだれもいわなくなり、まるでいまの円安、株高によって国債残高が消えてしまうような雰囲気です。900兆円、一人当たり710万円もの借金がそんなにたやすくチャラになるものでしょうか。
国債関係の本をすこし読んだかぎりでは、日本の国債はちょっとやそっとで値崩れはしない、日本のデフォルトなどありえないらしいのです。財務省が増税を目的に危機感を煽ったというのがどうやら真相らしい。なんのために煽ったのかというと、およそ140ある特殊法人をさらに増やし、官僚の天下り先を確保するのと、自分たちの利権を膨張させて影響力を増やすのが目的なのだそうです。
そういわれると素人の浅はかさで、こん畜生、官僚どもが国を危くするという気になります。財務省に騙されているのか、批判する書物に騙されているのかよくわからないけど、
わたしのカンではどうも官僚が好き勝手をやっているらしい。もっと勉強しなくてはならんと反省しきりです。
そんな思いで夜、テレビを見たら、中国地方、北陸地方の惨状がくり返し放映されていました。福島、宮城、岩手の大震災をいやでも思い出してしまいます。いつ天災に見舞われるがわからない、いつ原発が大事故を起こし、いつ中国が攻めてくるかわからない。大変な時代に老後を迎えたものだとつくずく思います。
大風に揺れる吊り橋を恐る恐る歩くような人生を日本人は強いられるのかもしれない。
そんな国家破滅にくらべたら、送り付け詐欺への対応なんてラクな話なのでしょうね。
「おまえも大変な時代に生まれたなあ」
わたしは愛犬の背中をなでてやりました。
犬はキョトンとしています。なにも知らず騙されているほうが幸せなのでしょう。