mv

2011年10月7日 2:43 PM

ピアノ売ってチョーダイ

財津一郎のこのCMを最初にたときはさまざまな感慨にかられました。もう40年もむかし、駆け出しの作家だったわたしは野坂昭如さんや華房良輔 氏とミナミの飲み屋で飲んでいて、偶然財津一郎氏と合流したことがあります。一緒に軍歌を歌いまくって、財津氏の美声に驚嘆したものです。本人はおぼえて もいないだろうが、そんな記憶も手伝って「ピアノ売ってチョーダイ」には格別の関心がありました。
 わたしが高2、高3をすごした 秋田県花輪町には、学校以外にはほとんどピアノがなかった。大きな旅館に一台、音楽の先生の家に一台あったきりです。わたしは中3のときクラシック音楽に 目覚めてベートーヴェンやシューベルトを愛聴していました。旧制弘前高校の生徒だった友人の兄がSPレコードを何十枚ももっていて、遊びにいくうち入門し たのです。感受性の強い時期だったのでたちまち「運命」や「英雄」や「未完成」にハマり、「冬の旅」を高唱しました。ついには友人2人と町のレコード店で ショパンのワルツ集を万引きしたのがバレで大館鵬鳴高を退学になり、花輪高へ転校したのです。 (さらに…)