mv

2011年12月9日 2:56 PM

君よ知るや12月8日。知らぬ奴は非国民

12月8日は何の日か。若い人は知らないでしょう。団塊世代ももしかすると知らんかもね。べつに知る必要もないけど、われら昭和ヒトケタ世代にとっては忘れられぬ日です。
 昭和16年12月8日。太平洋戦争の始まった日です。日本はアメリカ、イギリスを主要敵とする有史以来の大戦争に突入しました。
 わたしは京都北白川国民学校〈小学校〉2年生でした。当日朝起きるとラジオの臨時ニュースが大本営発表を伝えていました。
 「帝国陸海軍は本8日未明、西太平洋において米英両軍と戦闘状態に入れり」というわけです。
 「うわあ、とうとう始まったか」洗面所で歯をみがいていた父がさけびました。歓声とも悲鳴ともつかぬ引きつった声でした。
 日中戦争の行き詰まり、アメリカによる石油禁輸などの経済制裁、日米交渉の停滞などで大人はみんな重苦しい不安にかられていたよう
です。わたしら子供はなにもわからない。ただアメリカと戦争するのだときいて「これはえらいことになった」と大いに緊張しました。
 学校では沢田熊太郎という禿頭の校長が全校生徒を校庭に立たせて、えんえんと大演説をぶちあげました。わたしたちは大迷惑だったけど、「しっかりせなアカン」という覚悟を新たにしたものです。 (さらに…)

2011年12月2日 2:57 PM

京都育ちの京都知らず

高校同期の2女性の案内役で京都で紅葉見物をしました。ウイークデーなのに名所旧跡はえらい人出です。それもほとんどがわれわれのような高齢者。老人はヒマなのだなあとまず感心したのです。、
 でも、考えてみると、ウイークデーである以上現役世代はみんな会社や役所や学校にいっているわけで、当然のことでした。土日のすさまじい混み具合は老人軍団に家族づれが加わって生じるようです。それにしても日本人の花見や紅葉見物好きには感心します。。
 わたしたちは南禅寺で湯豆腐を賞味し、永観堂、真如堂のコースをたどりました。どこの紅葉もも見事でした。なかでも永観堂の紅葉は焔の繁みが折り重なるようで、人々の顔が赤く染まって見えました。
「うわあ、きれい」「ひやあ、きれい!」「すばらしいねえ、京都は」
 つれのオールド女子高生たちはしきりに歓声あげていました。
  わたしはさほどでもありませんでした。。見事なのはたしかだけど、いちいち感嘆するほどではなかった。一度見てしまうとどこの紅葉も似たようなもんだとい うのが実感です。つれの女性たちがあまりに感極まるので、わざわざ東京方面からきたのだから、感動しないと損だという意識があるのかと思ったほどです。 (さらに…)