mv

2012年3月30日 3:04 PM

いつの日追いつく大リーグ

後楽園球場の大リーグ開幕2連戦、マリナーズ対アスレチックスをテレビ観戦して複雑な感慨にかられました。
「日本の野球も強くなったものだなあ」という満足感と、「永久に大リーグには手がとどかんだろう」という失意の念がわたしの胸で交錯しました。高校一年のとき来日したサンフランシスコシールズの記憶がいまだに鮮烈だからです。
昭和24年の秋、戦後初めてアメリカのプロ球団が来日しました。大リーグ球団ではなく、3A級のパシフイックコーストリーグの所属球団です。わたしたち野 球少年は大リーグの強大さはさんざん耳にしていたけれど、3A級相手なら日本の球団も互角に戦うだろうと信じていました。赤バットの川上哲治、青バットの 大下弘、猛牛千葉茂、ジャジャ馬青田昇、物干し竿の藤村富美男、七色の変化球若林忠志、完全試合の藤本英雄。これらヒーローたちが戦勝国アメリカに一泡ふ かせてくれるものと期待したのです。
第一戦の対戦相手は巨人軍でした。学校から急いで帰ってわたしはラジオにかじりつきました。巨人の先発投手は川崎徳次。この年19勝したエースです。
一回表シールズの攻撃。「川崎投手、顔面蒼白であります」アナウンサの声をきいてわたしはイヤな予感にかられました。
予感は的中。川崎は次から次に安打を浴び、いつシールズの攻撃が終わるかわからない始末。一回表に7点とられて早々にKOです。 (さらに…)


2012年3月23日 3:04 PM

やめてくれ子供の英会話

家の近くを散歩していると、ときどき英会話塾のバスに出会います。満員とはいかないけど、小学生が数人乗っています。
テレビCMを流している子供向きの英会話塾なのかどうかは知りません。でも、、あまり良い気持ではない。。最近の子供は大変だなあと思うし、出会った小学生にしたり顔で、
「ナイスミーチュー」
などといわれると、背中にザワザワと鳥肌が立ちます。
国際化にそなえたり、子供の将来のためを思ったり、幼い脳に英語を仕込むほうが能率的だと判断したり、親にはいろんな思惑があるのでしょう。脳生理学上は問題ないのかもしれないけど、わたしはどうも賛成できない。英会話に反感があるのでしょう。
わたしが旧制中学へ入った昭和21年、NHKラジオで平川唯一の英会話講座がはじまりました。童謡「証城寺のタヌキ囃子」のメロデイに乗って、
「カムカム エブリボディ ハウドゥユドゥ アンド ハウアーユー」
と歌声が流れるたびに時代の変化を感じさせられたものです。 (さらに…)


2012年3月16日 3:05 PM

今年もダメだろう巨人軍

ジャイアンツが大型補強に成功し、優勝は堅いといわれているけど、わたしはそうは思いません。というより優勝してもらいたくない。
この世は金のある奴が勝ち、という低俗な真理を恥ずかしげもなく振り回す球団だからです。
多くの関西人に申し訳ないけど、わたしは巨人ファンです。野球を覚えたのが中学時代。秋田県の大館に住んでいました。当時、(いまもそうだけど)地元に本 拠地をおく球団のない地方はすべて巨人軍の支配圏でした。プロ野球といえばジャイアンツ。NHKラジオや「ホームラン」「野球界」などの野球雑誌の記事も は80%が巨人関連でした。
周囲はすべて巨人ファン。藤本英雄の完全試合や川上哲治の1イニング2ホーマーなどに熱狂するうちわたしも巨人党になりました。 (さらに…)