mv

2012年8月28日 3:23 AM

「ゼニの病い」800年

鎌倉時代のことを調べていたら、面白い記録に出会いました。「百錬抄」という全17巻の記録の中にこんな一節があるのです。
「近日、天下上下の病弊はこれをゼニの病と号す」
「百錬抄」は平安中期から鎌倉中期まで、その日起こった出来事を朝廷の記録係が書き留めたものです。上記の一節は1179年6月の日付になっています。
そのころはは荘園制度が崩壊しつつあり、貨幣の流通が盛んになった時代です。まだ日本には鋳造技術がなく、商取引は物々交換が米を媒介にしていました。
そこへ日宋貿易によって宋の貨幣が流れ込んできたのです。貨幣を使ってみて人々はその便利さにとりつかれました。かさ張らないし、貯蔵もきく。何とでも交換できます。取引がはるかに簡略化されます。
しかし公家たちは大反対しました。年貢は米で入ってきます。換金の手間がかかります。さらに市場原理が持ち込まれて、年貢米の値が上がったり下がったりしてややこしい。米と違って拝金主義に陥りやすくもあります。人々がゼニを重宝するのを公家たちは苦々しく見ていました。卑しい連中と思っていたのでしょう。 (さらに…)


2012年8月21日 4:53 AM

「この野郎」で再生しよう

尖閣諸島と竹島には毎日ムカムカしています。
わたしたち昭和ヒトケタ生まれの者にとっては、子供のころ中国も朝鮮も軽蔑の対象でした。支那兵は弱くて退却専門だし、朝鮮人は極貧で、アイゴー、アイゴーとすぐに泣く。そんな認識だったのです。
むろん認識は変わりましたが、軽蔑の痕跡が心の底に残っているようです。だから尖閣と竹島について、一世代、二世代下の人たち以上に腹が立つのでしょう。
日本政府のことなかれ主義を非難しても始まらない。わが国の政治家、とくに現政権になにも期待できないことは十二分に思い知らされています。
ではわたしたちはどうすればよいのか。尖閣、竹島が奪われるのを黙って見ているしかないのか。中国、韓国のやり方は強引そのものです。向こうにはかつての侵略の報復という大義名分があるだけ、話し合いは期待できないでしょう。このままでは際限なく譲歩を余儀なくされ、数十年後には今度はわが国が大陸に併合されてしまうのではないか。そんなことをつい想像してしまいます。杞憂なら良いのだけれど。 (さらに…)


2012年8月14日 4:15 PM

カミナリさんは馬鹿なやつだよ

いつものように夜なべ仕事をしている間、雷鳴がきこえ、激しい雨が降り出しました。やっとブログを書き終わった時、ドーンとすざまじい音で家がふるえ、とたんに停電。落雷だったようです。
真っ暗なので隣近所の様子がよくわかりません。だが、電信柱のあかりはついています。よく見るとわが家の右隣りの家々は同じように真っ暗なので、町内のこの一帯は停電なのだろうと思われました。
手近に小さな懐中電灯があったけど大きいのが見つかりません。妻も起きだしてさがしたのですが、所在不明。関電の高槻支店に電話しても通じません。
念のためブレーカー(配電盤?)を調べたのですが、スイッチはすべて正常におりています。こうなると文系は役立たずです。仕方ないので妻は寝室にもどり、わたしはダイニングで外を眺めながらビールを飲むことにしました。 (さらに…)