mv

2012年8月7日 5:09 AM

国は落ち目、サッカーだけが強くなり

オリンピックも中盤を越え、日本は男女ともサッカーの健闘が目立っています。女子はともかく男子は弱体といわれたのに、強敵スペインを撃破して勢いに乗り、メダルを獲得できそうな情勢になりました。
ヨーロッパや南米諸国がそれぞれ100年以上のキャリアを誇るのにくらべて、日本 Jリーグの発足以来約10年しかたっていません。それなのにこのものすごい急成長ぶりを見ると、日本人はサッカーに向いた国民なのだと思えてきます。
日本人は身体能力において、世界では平均以下でしょう。体格、体力がものをいう陸上競技は不得意です。ジャマイカのボルトなど100米競走の決勝に出ている選手を見ると、同じグラウンドで勝負するのは土台無理だという気がします。
だが、サッカーなら互角以上に戦えることがはっきりしました。組織立った動き、スピード、ドリブルやパスの技術、持続力などの点で外国選手の身体能力に充分対抗できるのです。日本人の団体戦に強いのが今回はとくにはっきりしました。「和をもって尊しとなす」の伝統がこんなとき力を発揮するのでしょう。
だが、わたしにはサッカーに若干違和感があります。今回のアンダ-23の活躍を見てもその違和感が消えません。ゴールをきめたとき、あるいは試合に勝った瞬間など、選手たちはなぜあんなに身も世もなくよろこび、はしゃぎまわるのか。あまりにもガキっぽい。女子についてははしゃいでもべつになんとも思わないけど、男子があれをやると、わたしは苦笑を禁じえないのです。 (さらに…)