mv

2013年2月5日 4:41 PM

芥川賞。ああしんど

第148回芥川賞の[abさんご」を読んで感想をブログに書く予定でした。77ページの作品なので、どんなにややこしい作品でも1晩かかれ読みこなせるはずでした。ところが一向にページがすすまず、一晩では読み切った気になれませんでした。

77ページを読みあげても頭が混沌とするばかり。もう一晩を再読に費やしてしましいました。したがっ
て火曜日のはずのブログ更新ができない可能性があります。すみません。
わたしの経験では芥川、直木賞はもらうまでは天下の大事だけれど、いったんもらってしまえば憑き物が落ちたように気にならなくなりなります。だからこれまで両賞の受賞作はあまりに読まなかったのです。今回は評判につられて読みました。横書きの小説であること、極端に平仮名を多用した文章であること、作者の黒田夏子さんがわたし同様の後期高齢者であることが動機づけとなりました。 (さらに…)