mv

2013年7月30日 2:56 AM

覚悟は良いか、日本人

月曜日の夕刻、犬をつれて日課の散歩に出ました。すこし雨が降ったらしく道路は湿っていました。家を出てまもなく空は異様に暗くなり、どんよりと暑く、夕立のきそうな雰囲気になったのです。
傘はなし。濡れても平気だけど、中国地方、北陸地方の豪雨の模様をテレビで見せられたあとです。大阪にもゲリラ豪雨がくるのではないか。稲妻、落雷に襲われるのではないか。そんな気がして早めに散歩を切りあげて帰宅しました。
ちょうど妻が電話で長話をしているところでした。相手は高校の同級生。夫に先立たれて一人暮らしの女性です。その友達に「送り付け詐欺」の電話があったというので、詳しく話をきいていたのです。 (さらに…)


2013年7月23日 3:01 PM

なぜか照れるぜ、バンザイ騒ぎ

参院選は予想通り自民党が圧勝。日曜日はクソ暑かったから、投票率の低下はやむを得ないことでした。投票所には若者の姿がほとんどありませんでした。海へでもいってしまったのでしょう。
それでも憲法改正の阻止や脱原発、若者の雇用改善などを訴え、若者にすり寄った共産党がわずかながら議席を増やしました。中国、北朝鮮の脅威のもとでも共産党がのびるのだから、投票者の政治不信はよほど根深いのでしょう。
日曜日の夜はテレビで開票速報を見物しました。選挙結果にさほど違和感はなかってけど、つぎからつぎへ当選者のバンザイ光景が繰り返されるのには閉口しました。支持者と一緒になって当選者がバンザイするのはヘンです。わたしはどうにも納得できませんでした。 (さらに…)


2013年7月16日 4:40 PM

やっとわかった、デモ嫌いのわけ

参院選まであと1週間足らず。今回は自民圧勝が確実視され、大して盛り上がっていないようです。民主党政権があまりに無策だった反動 もあるけど、アベノミクスが国民の期待を呼び、社会の空気を明るくしたのは事実です。
でも、政権を失う前の自民党は骨の髄までマンネリズムが沁みこんで、いまにも腐って崩壊しようとしていました。アベノミクスにもいずれ反動がくるでしょう。なによりも福島第一原発の事故原因の究明さえ曖昧で、被災者の救済や除染や使用済み核燃料の処理や廃炉計画さなどもおざなりのまま、安倍首相が外国へ原発をセールスしているのが気になります。将来大事故が起こったらどうするのかね。賠償などで国 が破産するのではないか。規制がきびしくなったとはいえ、目の前の経済事情に相変らずとらわれて、旧来型原発行政をすすめると、ほんとに日本沈没ではないか。まあそんな恐れはともかく、何とか不況脱出を果たすべきだというのが国民の総意なのでしょう。
選挙の投票率は高齢者ほど高く、若年層は無関心だといわれます。わが身をふり返っても若いころは自分の進路を歩くので手一杯で、政治のことを考えるヒマはありませんでした。女、野球、競馬、文学、音楽が関心のすべてだったのです。 (さらに…)