mv

2013年12月31日 4:17 PM

大晦日、思い出すなあSPレコード

早いもので今日は大晦日。歳をとると月日のたつのが速いとはよくいわれることですが、全くその通り。昨年の正月から1週間ほどしかたってないような気がします。
ことしはわたしと妻がそれぞれ入院。多難な一年だったのですが、すぎてしまえば、記憶の片隅に残るだけ。歳月の足の速さだけが身に沁みます。
大晦日といえば紅白歌合戦、除夜の鐘、年越しソバ、初詣が定番ですが、わたしは紅白の裏番組の第九の演奏会を聴きます。そのつど、ああ今年も参加できなかったなあと悔やむのです。千人の合唱とかいってベートーヴェンの第九を歌う群衆の中に一度加わってみたい。長年そう思ってきました。でも、歳をとるにつれて出不精になるから、もうチャンスはないかもしれません。 (さらに…)


2013年12月24日 7:49 PM

陛下、長生きしとくなはれ

12月23日は天皇誕生日。天皇は80歳になられました。テレビでお姿を拝見して「年をとられたなあ」と感慨に深いものがありました。
わたしも同じ昭和8年生れ。この9月に80になったばかりです。わたしは今年、私生活においてろくなことがなかったので、あと1週間で年が変わるのを楽しみにしていますが、陛下はどうだったのでしょう。良い年でなかったとすれば、ほんの1週間で年が変わるのだからめでたいことです。今年が良い年だったとすれば、たった1週間で年の変わるのを残念に思われるのかもしれません。いずれにしろ、8の倍数は不幸だなどといわれています。次の誕生日を無事にお迎えになるよう心からお祈りします。いや、陛下には同年の親しみをこめて「長生きしとくなはれ」といいたいのです。 (さらに…)


2013年12月16日 10:11 PM

妻が今浦島になった日

12月15日妻が大阪市大病院を退院。幸い経過良好のようで、コルセットをつけたまま動き回っています。
病名は腰椎変性すべり症、腰部脊柱菅狭窄症というらしい。2か所を手術したようです。
入院前は動くたびに痛がっていたのに、いまはケロリとしたもの。手術を担当した豊田先生初めスタッフのみなさまに心からお礼をも申しあげます。
3週間におよぶ独身生活からわたしは解放され、やれやれといったところですが、独居老人の繰り言なんかいまさら反復する気はありません。それよりも帰宅して間もなく妻のもらした、
「うわあ、寒いのね今年は」
という一語がオモロかった。今浦島、いや入院浦島というのがこの世にはいるのですね。 (さらに…)