mv

2014年5月27日 3:40 AM

甘党ジイサンの嘆き

4月に日本人間ドック学会が血圧、血糖値などの新基準を発表しました。これを見て元気になった人がわたしの友人にも何人かいます。けど、怒っている人も多いようです。
「必要でもない薬をこれまでようけ飲まされた。病人でもないのに、医者に騙され
てたんや」
というわけです。
わたしの主治医である巽医師は、

「日本ドック協会なんできいたことないなあ」
と全然問題にしていません。でも、ゆるやかな新基準値が出てよろこぶ老人は多 いのです。
血圧、血糖値となるとわたしも他人事ではありません。週刊誌が一様に取り上げ
ているのでわたしも少々ベンキョウさせてもらいました。
何を隠そう。わたしも糖尿病なのです。50歳をすぎたころ腰痛に悩み、診察をう
けて椎間板ヘルニアの手術をすることになりました。準備検査の途中、担当医に
「なんや。血糖値が滅茶高いやないか。これでは手術できませんよ」
といわれて糖尿病だとわかったのです。
血糖値が平常値に戻るまで1か月の入院。それまで肉でもメシでもバカスカ食べ ていたのに、血糖値に注意する身になりました。
1か月後手術は無事終了しました。腰痛は治ったのですが、糖尿病との戦いが  始まりました。なんせ痛みも熱もない。そのくせ空腹時血糖値は140~160もあり ます。
血圧も140~150ぐらいありました。 HbA1cはいくらだったかおぼえてないけど
、放っておいたら間違いなく脳梗塞か心筋梗塞にやられると医師に云われて、近所の病院へ月に一度、血液などの検査にゆくようになりました。 (さらに…)


2014年5月20日 3:50 AM

やっとわかった有難味

今年は学童疎開70年なのだそうです。疎開を語る会が各所で開かれているよ
うです。語り部の気持はさまざまだろうけど、70年もの歳月のおかげでわた
しもやっと客観的に当時を振り返れるようになりました。
元朝日放送の上田博章氏の著作「疎開絵日記」によると、「学童疎開の促進に
関する法案」を東条内閣が閣議決定したのは昭和19年6月28日。8月の初
めには東京で学童疎開が始まったそうです。
疎開には縁故疎開と集団疎開の2種があります。学校の同級生がそろって地方
に移住するのが集団疎開、親戚などを頼って個別に地方へ移るのが縁故疎開。
上田氏もわたしも縁故疎開のほうです。学童疎開といえばふつうは集団疎開を
意味するようです。 (さらに…)


2014年5月13日 2:40 PM

オン年90歳 上には上があるもんだ

NHKのクラシック音楽館でネビル.マリナー指揮のドボールザーク7番と
8番の交響曲を聴きました。マリナーはオン年90歳。名指揮者というより
やたら数多くの作曲家の作品を演奏していることで著名な人です。マリナー
指揮のCDの多いことでは世界一でしょう。
1972年に手勢のオケをつれて来日したそうですが、わたしは覚えていま
せん。しかし90歳で現役というのだから、期待しました。そんな老齢で指
指揮ができるのか。もしちゃんとした演奏なら、80老であるわたしにも刺
激になる。大いに期待してテレビをつけました。 (さらに…)