mv

2017年4月20日 2:20 AM

プレ金の行方

最近、週刊誌などデ「プレ金」という語を良く目にします。月の最期の金曜日のことでした。
 1ケ月の最期の金曜日、午後3時に仕事を切り上げて、1杯やりにいこうということのようです。
 残業代の節約のためだそうです。(企業側として)
 国際労働比較2016によると2014年の週労働時間(製造業)では日本人はG7(先進7ヵ國)
 の中でビリに近く、米国42時間や英国41、4時間より短いのでした。私たちの若いころは
 「日本の発展は長時間労働を物ともしないサラリーマン諸氏の頑張りのせいだ」といわれてその
 気になったものでした。残業はむしろ誇りであり、俺たちの頑張りが国を支えている、と信じて
 いたものです。。
 だが、以前にも書いたことがあるけど、入社3~4年ぐらいは、会社という組織が全く面白くな
 かったのです。セールスをやらされ、どこへいっても相手にされず、毎日サボって同僚と喫茶店
 でおしゃべりしたり、安い映画を見に行ったり、ムダに時間を過ごしました。こんなザマでは将
 来ろくな目に会うまいと、会社を3度も移って呻吟したものです。
 3つ目の会社がTと云う従業員数1000名くらいの会社でした。そこで出会ったのが山崎さんと
 いう販売促進課長でした。いろいろ斬新な業務を導入して社内評価はすごく高い人でしたが、口が
 悪いのと協調性にやや欠けるのが祟って、本人は部長にもなっていませんでした。
 この人が残業推進者でした。月に2~3度は残業を命じられます。販促課員は5人ほどでしたが、
 その晩は京都のコンサルタントの事務所の部屋でゴロ寝。いろいろと叩き込まれたものです。当時
 わたしは新婚で残業の夜は妻が不機嫌そのものでした。2年ほどで山崎さんが退社したので、そ
 んなに長く販促の仕事は続きませんでした。
 でもわたしはこの仕事が好きでした。経営の常識、広告業界の常識なども幾分理解できて、何を恐れ
 る必要もないぞという心境になりました。私は散々企業の中で孤立感を味わいましたが、それは私の
 中に文学部出身の劣等感があったせいだと理解しました。残業によって私は高度の経営理論を知り
 おまけに残業するとエリート意識が満足します。俺一人働いてるような気持ちになれます。
 何とか無事にサラリーマン生活を切り上げて文筆でメシが食えるようになりました。残業によって私
 は自分の欠点を知りました。
 「安月給なので残業代カット反対」の声をしばしばききますが、「プレ金」には正直反対です。若い
 ころは安月給なのが当然。頑張れば道はひらけるものです。


2017年4月11日 11:19 PM

甲子園をドーム化

2ヶ月以上ブログを休んでしまいました。妻が肺ガンで治療中ですが、これ以
 上休むのも意気地のない話なので、ボチボチ再開します。
 今年は天候不順で迷惑しました。夕刻降り出すことが多い。日課の飼い犬を連
 れての散歩に出るべきか止めるべきかを決められなくて閉口です。うちの犬は
 雨が嫌いで降っている間は動こうとしません。散歩中雨が降り出すとせっかく
 着替えて出てきたのにとボヤきながら即刻帰宅せねばならず、面倒なこと限り
 なし。まあ無理矢理犬にせかされて、サボりたくてもできないことも結構多い
 から、おかげさんで長続きするよと犬に言い聞かせて頑張っています。
 先日の土曜日は甲子園球場で今年最初の阪神巨人戦シリーズの第2戦。午後2時
 試合開始なので自宅でゆっくり見物できるはずが、試合開始直後から雨でした。
 球場は超満員。雨で試合が流れた場合、満員過ぎて球団は払い戻しで大変だな、
 等と余計な心配をしていたら、試合はとんとん拍子に進んで、阪神の先発青柳、
 巨人の先発菅野とも好調で試合はあっという間に3回。両チーム無得点。雨はま
 すますひどくなり、ノーゲームの心配が現実味をおびてきました。
 青柳という投手を私は初めて見ました。これからゆっくり賞味しようというとき、
 審判団が集合してノーゲームの宣告。いやはや、がっかりでした。
 長い人生。私も球場で雨天ノーゲームの憂き目に会ったことが何度かあります。
 好ゲームの昂奮は一瞬で消え、夢の世界から現実社会へ戻った悲哀は重く背中に
 のしかかります。いまなら妻の病気を思い出したというところでしょうか。
 むかし藤井寺球場で降雨(しばらく休憩)に遭遇したことがあります。傘がない
 ので買いにいったらものすごい混雑。到底買える状態ではありません。困ってい
 たら、傘売りのお兄さんが私の顔をおぼえてくれていて「優先的に」売ってくれ
 助かったことがあります。まあビニール傘1本で2千円は高いと思ったけど、不幸
 のドン底にあるときは他人の好意が身に沁みるもんです。まったくあのときはどう
 しようかと思った。以来、日生球場へ行くたびに兄ちゃんに挨拶したもんです。
 今回つくづく思ったのですが、甲子園も雨降り対策としてドーム化すべきではない
 だろうか。いつまでも古い高校野球にこだわっては、野球ファンはいいようにボラ
 れるだけではないだろうか。1本2000円のビニール傘にむらがっていたおっさん、
 おばはんらがあまり金持ちでない様子だったので、ふとそんな思いに駆られたのです。
 世の中人並みにやっていくだけでけっこうシンドイですからね。